[PR]

 訪中している北朝鮮の朴泰成朝鮮労働党副委員長らは16日、北京で習近平(シーチンピン)中国国家主席と会談した。朝鮮中央通信が17日朝、伝えた。習氏は「金正恩党委員長と2度も会い、中朝両党、両国の関係発展と地域及び国際情勢などで共通の認識を持てた」と指摘。正恩氏が4月20日の党中央委員会総会で経済建設に集中する新戦略を掲げたことを高く評価したという。

 朴氏は「両最高指導者の合意を実践するため、様々な分野で交流と協力を強化する」と述べた。正恩氏の習氏に対するあいさつも伝えたという。同通信は、中朝双方が会談で北朝鮮核問題に言及したかどうかについては伝えていない。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも