[PR]

 新潟市西区の小学2年の女児(7)が殺害されて線路上に遺棄された事件で、死体遺棄などの疑いで逮捕された会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)が女児を「仕事帰りに車ではねた」と説明していることが捜査関係者への取材でわかった。ただ、事件当日は勤務先を朝から休んでおり、新潟県警は説明の信憑性(しんぴょうせい)について慎重に裏付けを進めている。

 県警によると、亡くなった大桃珠生(たまき)さんは7日午後3時すぎ、下校中に自宅近くで連れ去られたとみられている。死因は窒息死だった。捜査関係者によると、小林容疑者は「車ではねてしまい、泣いたので車内に入れ、首のあたりを絞めた」など連れ去りや殺害を認める趣旨の説明をしているという。

 勤務先から帰宅途中にはねたと話しているというが、小林容疑者は7日から逮捕されるまで、会社を休んでいた。説明に矛盾があり、内容も変遷していることから、県警は慎重に調べている。

 また小林容疑者は、被害者の傘について「どこかに捨てた」という趣旨の説明をしているという。遺体が見つかった際、女児が持っていた傘がなくなっていた。県警は、自身に捜査が及ぶのを恐れて捨てた可能性があるとみている。