【動画】将棋の藤井六段、勝てば七段昇段の一局、始まる=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)六段(15)の七段昇段をかけた対局が18日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。勝てば昇段規定を満たし、七段昇段が決まる。15歳9カ月での七段昇段は史上最年少記録。

 この日の対局は第31期竜王戦(読売新聞社主催)のランキング戦5組の準決勝で、船江恒平(ふなえこうへい)六段(31)と対戦している。持ち時間は各5時間。終局は夜になる見通しだ。

 藤井六段は2017年に竜王戦のランキング6組で優勝し、5組へ昇級した。今年4組に昇級すれば、「連続昇級」という七段昇段の条件を満たすことになる。この日の対局で勝てば、4組への昇級が決まるため、七段昇段が決まる。

 一方の船江六段は、兵庫県加古…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース