[PR]

杉本昌隆七段の「棋道愛楽」

 藤井聡太七段の昇級・昇段を祝う会が、6月10日に名古屋で開かれました。五段昇段が2月1日。六段は2月17日。そして「六段昇段後、竜王ランキング戦連続昇級」の規定により、七段に昇段したのは5月18日のこと。驚くべきスピード出世です。

 棋士の段位は会社で言えば肩書。昇段は「昇進」と置き換えると分かりやすいかもしれません。九段が最高段位の将棋界では、七段は高段者の仲間入りです。会社なら、部長などの役職ではないでしょうか。15歳の部長。将棋界にはない役職ですが、想像するとちょっとおかしくなります。

 ただ、昇段がたやすいと思うのは早計です。昇段規定には、名人戦につながる順位戦昇級や棋戦優勝、竜王ランキング戦連続昇級などがあり、藤井七段はこの三つで規定の成績を上げて昇段しました。1年間に二つ昇段する棋士はときどきいますが、三つとなると現行制度ではただ1人。空前絶後の記録なのです。九段まであと二つ。もしかすると、藤井七段には将棋界の段位は少なすぎるのではないか……と余計な心配をしたくなります。

 もっとも「肩書」にこだわるの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら