[PR]

 防衛省が「ない」としてきたイラク派遣時の活動報告(日報)が自衛隊内で見つかった問題で、同省は24日に調査結果を公表する方向で最終調整に入った。首相官邸が17日、同省に指示した。昨年3月に陸上自衛隊内で日報が見つかっていたにもかかわらず、大臣への報告に1年近くかかった経緯と原因が、どこまで解明できるかが焦点だ。

 同省の調査チームを率いる大野敬太郎防衛政務官は17日、参院外交防衛委員会で答弁に立った。

 「ファクトファインディング(実情の調査)、証拠をしっかり把握する。どういう経緯で(探索の)指示が下りて、どういう結果が返ってきたのか。ギャップはどこにあるのかなど事実を調べている」

 調査の最大のポイントは、昨年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら