[PR]

 介護を必要とする高齢者の中には、日本語以外の言語を話す人や、さまざまな歴史的背景を持つ人がいます。そうした高齢者のニーズに応えようという取り組みも始まっています。中国残留邦人の帰国者や在日コリアン向けの介護事業所の活動を紹介します。

中国語でやりとり

 埼玉県所沢市の訪問介護事業所「虹」は、利用者15人のうち9人が帰国した中国残留邦人だ。スタッフ9人のうち7人が中国語を話す。

 ケアマネジャーで介護福祉士の上條真理子さん(39)がこの春、要介護5の木村和子さん(77)の自宅を訪れた。認知症が出始めた夫も、訪問介護を利用する。上條さんは木村さんが薬をちゃんと飲んでいるかを確かめ、その後ポータブルトイレを片付けた。やりとりはすべて中国語だ。

 夫妻はほとんど日本語が話せない。木村さんは戦後、中国で孤児となってとどまった残留孤児で、現地で中国人の夫と結婚。1988年に帰国した。

 昨年、木村さんは骨折して介護施設に入った。言葉の通じない環境がつらく、自殺を図るまで追い詰められた。「もう二度と行きたくない」。自宅に戻り、虹の訪問介護を受けながら暮らすようになった。「言葉が通じるので、思いを伝えられる。来てくれるのを待っています」と話す。

 上條さん自身も残留孤児の2世。両親と一緒に17歳で日本に移り住んだ。

 5、6年ほど前から介護が必要になった父親は、日本語が分からず、デイサービスから帰ってくると、落ち込んだり怒ったりしていた。虹のある所沢市には、かつて帰国者が日本語や生活習慣を学ぶ拠点があり、現在も帰国者が多く暮らす。父と同じ悩みを抱える人がほかにもいると知り、2年前、仲間とともに訪問介護事業所を立ち上げた。

 最大の関門は、中国語を話せる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら