[PR]

 今月初め、一人の野球選手の去就にまつわるニュースが世界を駆け巡った。米大リーグ・マリナーズのイチロー。オリックス・ブルーウェーブ時代からのオリックスファンとして、長く彼を見守ってきた小沢直子さんの目には何が映ったのか。

 イチローは今月初め、今季の試合には出ず、会長付特別補佐に就くことを明かした

 「楽しそうでしたね。もしかしたらもう試合には出ないかもしれへんけど、いつまでもユニホームを着てひたすら打撃を極める。そのことに、ほんまにワクワクしているんやろなって。テレビに向かって言いました。『自由にやり』って」

 「オリックスファンになったのは1991年。神戸の女子高1年生でした。92年のジュニアオールスター(当時)で、初めて鈴木一朗、今のイチローを見ました。『2軍にすごい子がおる』といううわさはあったけど、いきなり代打本塁打ですよ。『えらい子が出てきた』と感動しました」

 「選手寮まで『追っかけ』もしました。寮から出てきたイチローは、寝癖のついた頭に、よれよれのスヌーピーのTシャツ。愛想のない子でした」

 「常連ファンのおっちゃんらと食事に行ったときも本人はほとんどしゃべらず、『機嫌悪いんかな?』と思いました。でも、時間がたつうち、ただの人見知りで素朴な選手なんや、と徐々にわかってきました」

 「女性だけの応援団『関西雨天中止』を結成したのは94年。イチローが年間最多安打のプロ野球記録(当時)を出した年です。『新庄(剛志)や、亀山(努)や』と騒いでいた阪神ファンの女の子たちも、急に『イチロー!』って。私も球場でトランペット吹きまくり。チームもそこそこ強くて、ほんま楽しかった」

 1995年1月17日、阪神・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら