[PR]

1985年・決勝

 「おーい桑田、もっと高い球を投げろ」。本塁から右翼ポールに向かって遠投をする新入生に、先輩がアドバイスを送った。

 4月1日に15歳になったばかりの桑田は、次も、低くスーッと伸びるボールを投げた。

 「こいつはすごいな」。右翼付…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら