[PR]

 6月12日の米朝首脳会談をめぐり、トランプ米大統領は17日、米ホワイトハウスで記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が非核化の要求に応じれば、北朝鮮に体制保証を与える意向を示した。トランプ氏が北朝鮮の体制保証を明言したのは初めて。北朝鮮側は米朝首脳会談を前に、非核化をした場合の「見返り」について米側から確約を得たことになる。

 トランプ氏は米朝首脳会談が成功裏に行われた場合、「金正恩氏は極めて強固な保護を得ることになるだろう」と明言。「金正恩氏は北朝鮮にとどまって国家を経営し、彼の国はとても豊かになるだろう」と語った。北朝鮮の体制保証をめぐっては、ポンペオ米国務長官も13日の米FOXニュースの番組で、「我々は(北朝鮮に)体制保証を提供しなければいけないだろう」と語っている。

 トランプ氏はまた、核開発放棄後に崩壊したリビアのカダフィ政権と北朝鮮とを比較。「北朝鮮に対して、我々は『リビア方式』の適用を全く考えていない。我々はリビアを完全に破壊した。(我々は)カダフィ政権を残すための取引(ディール)をしなかった」と述べ、北朝鮮との違いを強調した。

 北朝鮮高官は16日に発表した…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら