映画「若大将」シリーズのマドンナ役などで知られる女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子〈しみず・ゆりこ〉)さんが16日、心房細動と肺がんのため京都市内の病院で死去した。74歳だった。葬儀は親族のみで営む。後日お別れの会を開く予定。

 1958年、東宝の「ミス・シンデレラ娘」に選ばれ、翌年、映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。61年の「大学の若大将」で加山雄三演じる大学生の恋人・澄子を演じる。この作品はヒットしてシリーズ化され、「銀座の若大将」「ハワイの若大将」「エレキの若大将」など計11作の映画で加山と共演した。他にも、「世界大戦争」「モスラ対ゴジラ」「クレージーだよ 奇想天外」など、数々の東宝娯楽映画で美しいヒロインを演じた。

 後年はNHK連続テレビ小説「あぐり」や「科捜研の女」などのテレビドラマへの出演、「2時のワイドショー」の司会など幅広く活躍。舞台「佐渡島他吉の生涯」では菊田一夫演劇賞を受賞した。16年には映画「校庭に東風(こち)吹いて」に出演した。