[PR]

 18日午後9時半ごろ、東京都渋谷区神山町のNHK放送センター近くの路上で、映像制作会社員の男性(48)が何者かに刃物で首を切りつけられた。警視庁によると、男性は同センター内での仕事を終えて西口から外に出た直後で、「後ろから突然切られた。犯人は代々木公園方向に逃走した」などと説明しているという。同庁が殺人未遂の疑いで逃げた人物の行方を追っている。

 捜査1課によると、男性は首の右側に長さ約15センチ、深さ5センチほどの切り傷を負って病院に搬送されたが、命に別条はないという。現場から凶器は見つかっていない。