[PR]

 スーパーコンピューターの開発をめぐる国の助成金詐欺事件で起訴された、スパコン開発会社前社長斉藤元章被告(50)の初公判が22日、東京地裁で開かれる。東京地検は「詐欺をしたのは、自分の負債を返すために自社から借金をした結果、会社の開発資金が不足したためだ」と指摘する方針で、被告は起訴内容を大筋で認めるとみられる。

 斉藤被告の起訴内容は、経済産業省所管の「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の助成事業を悪用し、2012~13年度の助成金計約6億5300万円を詐取したというもの。また、14年12月期までの5年間に法人税計約2億3千万円を脱税した罪などでも起訴された。

 関係者によると、東京地検は初公判で斉藤被告が問われた詐欺罪について、被告が米国などでの個人負債を返すために、スパコン開発会社「PEZY Computing」から金を借りていたと指摘。商品の販売不振や無計画な開発もあって同社が自転車操業に陥り、開発資金が不足したため、詐欺をしたと述べる。

 脱税については、休眠状態だっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら