[PR]

 立憲民主党の枝野幸男・党代表が20日、近江八幡市内の講演会で「少数意見の人も納得できる、まっとうな政治を取り戻す」と訴えた。講演会は、党の県連設立を目指す準備会の主催。

 枝野氏は冒頭、元県知事の武村正義氏が代表を務めた新党さきがけに、自身を含めた立憲民主党執行部の多くが所属していたことに言及し、「滋賀の(新党)さきがけが立憲民主党のルーツ。その滋賀で輪を広げていただきたい」と述べた。

 県内では党の国会議員や地方議員がいない中で準備会が県連設立を目指している。枝野代表は「議員がいないところで草の根の動きが進んでいけば、それは党にとっては大きな財産となる。滋賀ではそれが可能だと思う」などと期待した。(真田嶺)