[PR]

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は20日、「(日大の内田正人監督の)辞意というより、あの危険なタックルがなぜ起きたのか、関心はそこにある」と話し、改めて関係者に原因究明を求めた。ボツワナで行われた国際女性スポーツ会議からの帰国後、羽田空港で報道陣の取材に応じた。

 内田監督からの指示の有無など問題の経緯や事実について、日大は「文書で回答する」とし、まだ説明に至っていない。これについて、鈴木長官は「なぜ答えられないのかよくわからない。これだけ騒がせてしまっているのだから、できるだけ速やかに事実関係をお話しいただきたい」と苦言を呈した。

 また、日大の所属する関東学生連盟が設置した規律委員会が調査しているが、鈴木長官は「大学スポーツ全体の問題と捉えている。子どもたちが安全にスポーツに取り組めるよう、公平公正、そして客観的に、しっかりと検証していただきたい」と話した。