[PR]

 今の日本映画界の礎は、芸術面からも商業面からも1990年代後半に作られたと言えるのではないか。

 ドキュメンタリー作家だった是枝裕和監督が、初の劇映画「幻の光」でベネチア国際映画祭のコンペティション部門に参加したのが1995年。それ以後、3大映画祭で徐々に地歩を固めていき、今回ついに頂点を射止めた。

 彼と同じく90年代に国際舞台にデビューした監督に北野武、河瀬直美、黒沢清らがいる。そしてこの20年余り、4Kと称される彼らが“国際試合”の日本代表として日本映画の芸術面をずっと支え続けてきた。

 98年。テレビドラマを映画化…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら