【動画】大阪・天保山に寄港し、一般公開された海上自衛隊の護衛艦「かが」=筋野健太撮影
[PR]

 海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が大阪・天保山に寄港し、20日、大阪で初となる一般公開があった。約2万1千人が訪れ、艦内を見学して回った。

 かがは全長248メートルで、基準排水量約1万9500トン。200人近く乗れるという大きなエレベーター2基をフル稼働して、見学者を甲板に運んだ。

 それでも、最大3時間待ちの大行列。艦内には自衛隊の仕事を紹介するスペースがあり、「自衛隊は人手不足。良いアピールになれば」と担当者。