[PR]

 ファミリーマートは21日、民泊仲介最大手の米Airbnb(エアビー)と組み、店舗で鍵の受け渡しを始めると発表した。民泊のルールを定めた「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が施行される6月15日以降、店内に鍵を保管する専用ロッカーを設置する。東京都心を中心に今年度中に約150店で展開する予定だ。

 エアビーで予約した民泊利用者はタブレット経由で本人確認し、ロッカーの鍵を受け取る。返却と合わせて2回以上の来店が見込めることから、ファミマはクーポンを発行するなどして「ついで買い」を促す。訪日客向けの新商品の開発や、本格的に展開する店舗併設のコインランドリーの利用などにもつなげる。

 沢田貴司社長は記者会見で、「サービスが拡大する中で、相互送客につなげたい」と述べた。

 民泊を巡っては、セブン―イレブン・ジャパンがJTBと連携。2020年度までに、鍵の受け渡しができる専用の「チェックイン端末」を主要都市の1千店に設置する。ローソンは1月から、鍵の受け渡しができる専用ボックスを都内の一部店舗に置いている。