【動画】日大の監督の会見では「真実を聞くことができなかった」などと語る被害選手の父親の奥野康俊さん=小川智撮影
[PR]

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、関学大の被害選手側が21日、大阪府警に被害届を提出した。その後、大阪市内で被害選手の父親で大阪市議の奥野康俊さん(52)が記者会見を開き、「なぜ、息子にあのようなことをしたのか。真相究明をしていただきたい」と語った。

 被害については、試合が東京都内で行われたことから、警視庁が捜査する見通し。

 奥野さんと被害選手は兵庫県西宮市内で19日に日大の内田正人監督(当時)らから謝罪を受けた。そして、謝罪後に大阪(伊丹)空港などで内田氏は「全て私の責任です」と監督を辞任する意向を表明した。しかし、奥野さんは記者会見で「釈然としない。日大の監督の会見で真実を聞くことができなかった。加害者がなぜあそこまで追い込まれたのか。その1点を一言、言ってほしかった」と、被害届を出すことを決めたきっかけを明かした。

 日大は、近く外部の弁護士らを入れた第三者委員会を立ち上げて、原因究明に取り組むことを明らかにした。また日大の守備選手が22日、記者会見する予定。

 反則行為があったのは、両校の51回目の定期戦。パスを投げ終えて無防備な関学大の選手に対し、日大の守備選手が背後から激しくタックルした。関学大の選手は全治3週間のけが。日大の選手はさらに複数回の反則行為を続けて退場になった。一連のプレーに対して関学大は抗議文を送付し、記者会見を開いて日大に誠意ある回答を求めていた。(大西史恭