[PR]

 セクハラをする男性は、なぜ女性の気持ちに疎いのか。軽い気持ちで言ったりしたりしたことが相手の心を深く傷つけ、責任を問われる時代になっています。

 兵庫県にある会社で、受け付け業務の女性に同じ会社の中年の男性がしばしば寄ってきては、声をかけた。「なぜ結婚しないのか」「子どもがほしいと思わないの。子どもをつくる手伝いをしてあげようか」「彼氏は何人?」

 女性は当初我慢していたが、数カ月間にわたって続いたうえ、ほかの男性社員も同様の発言をし始めたため、会社側に訴えた。会社側は声をかけた男性社員に事情を聴いたが否定され、「発言はなかった」と結論づけた。

 その後、会社の対応に納得できない女性は兵庫労働局に相談し、労働局が会社側に聴取。会社側は発言については確認できないと説明したが、セクハラ防止策を講じると約束した。

 兵庫労働局が2016年度に対応したセクハラ相談は155件にのぼる。加害者はほとんど男性だ。相談者の申し立てを受けて、労働局の職員や弁護士ら第三者が双方の意見を聞き、解決を図る制度もある。調査の際、加害者については本人ではなく事業主や人事労務担当の責任者に事情を聴く。

 兵庫労働局雇用環境・均等部に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら