[PR]

 国土交通省は22日、今年10月から全国41地域で導入される車のご当地イラスト入りナンバープレートのデザインを公表した。地域を象徴する観光名所や特産品、プロ野球チームなどが描かれ、走る地域の広告塔に、と期待されている。

 既存のプレートで無地となっている部分に、工夫を凝らしたカラフルなイラストが入る。たとえば「山形」は特産のサクランボ、「下関」はフグ、「愛媛」はミカン。「成田」は空港にちなんで飛行機、「鳥取」は名所の砂丘、「鹿児島」は桜島を描いた。「福山」は広島カープのロゴを用いた。

 「品川」や「福岡」など車のナンバープレートの地域名は全国で100をこえる。うち41地域がイラスト入りの導入を決め、地域ごとにデザイン案を申請し、国交省が精査していた。車の利用者はイラスト入りナンバーを希望すればつけることができ、交付料に加えて寄付金が最低1千円必要となる。既存の無地プレートに勝手にイラストを描くことは、道路運送車両法で禁じられている。(伊藤嘉孝)