【動画】日大の監督の会見では「真実を聞くことができなかった」などと語る被害選手の父親の奥野康俊さん=小川智撮影
[PR]

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、関学大の被害選手の父親が大阪市内で21日に記者会見をした。

 主なやりとりは次の通り。

 (冒頭発言から)「(観戦していたときは)何があったか分からなかったが、ビデオを見て、(息子は)大丈夫かという気持ちだった」

 「解決をして両大学がのびのびとアメフトできる状態になることを望んでいた。毎日あのビデオが流れるたびに、憤りは収まることはなかった」

 「加害者がなぜあそこまで追い込まれたのか。その一点を(19日の)監督の会見で言っていただきたかった。6日に事件が起き、9日に警察に相談した。家族で話し合った結果、被害届という形で本日、受理をしていただいた」

 ――このタイミングで被害届を出した最大の理由は。

 「監督の会見で真実を聞くことができなかった。なぜ彼(タックルをした選手)をそこまで追い込んだのか。監督自身が調査すると言った。絶大な権力を持つ監督がチームをどうコントロールしたのかは知らない。それまでそういった行為のなかったチームが、息子になぜあのようなことをしたのか」

 「真相究明をしていただきたい。対応によっては告訴まで検討せざるをえない」

 ――本人はどういう話をしているか?

 「長くアメフトをしている。私…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら