米中、巨額関税の「一時停止で合意」 米財務長官が明言

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米中通商協議での合意内容について、ムニューシン米財務長官は21日、米CNBCテレビのインタビューで、両国が互いに検討していた巨額の関税案を「双方が一時停止することで合意した」と述べた。米中の共同声明では関税案について直接は触れていなかった。

 米政権は中国による知的財産侵害を理由に、中国からの輸入品500億ドル分(約5・5兆円)に関税をかける案を示し、5月22日に公聴制度の手続きが終わる。ムニューシン氏によると、米側はこの関税案とともに、中国側が打ち出した報復関税案に対抗して追加で検討していた1千億ドル分も一時停止する。中国側から米国への報復関税案は500億ドル分だった。

 米中は19日の共同声明で…

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら