[PR]

 トランプ米大統領が連日のようにツイッターでつぶやくために使う携帯電話がハッキングされる恐れがある、と米メディアが報じた。ホワイトハウスの規則で、大統領が所持する携帯端末は大統領の安全確保のために毎月交換しなければならないが、トランプ氏は「面倒くさい」との理由で拒んでいるという。

 米政治ニュースサイトのポリティコによると、トランプ氏は通話用とツイッター用の2台のiPhoneを使っていることが確認されている。どちらもGPSで居場所が分かる機能はないが、少なくとも通話用には小型カメラが内蔵されている。ハッカーにアクセスされ、トランプ氏の動きなどを傍受される恐れがあるという。

 ホワイトハウスはツイッター用について毎月の交換を求めているが、トランプ氏は拒否。専門家による安全性チェック無しに約5カ月間、同じ端末を使い続けているという。オバマ前大統領は毎月、少なくともチェックは受けていた。

 トランプ氏は2016年の大統領選で、民主党のクリントン候補が国務長官時代に私用メールで機密情報をやりとりしていた問題を繰り返し取り上げ、「もっとも不正な大統領候補者だ」と批判していた。(ワシントン=土佐茂生)

こんなニュースも