[PR]

(22日、大相撲夏場所 10日目)

 ○鶴竜 「一瞬、アッと思ったらやっちゃった」。横綱の変化に会場は騒然。「これだったら負けた方が良かった。やってはいけない相撲」

 ●遠藤 再出場に大歓声。「応えられれば良かったけど、勝負なので。変わらず応援していただけるのはうれしいし、明日からの励みになる」

 ○安美錦 土俵際で片足で残り、物言いの末、2勝目。「会心の相撲ではない。でも勝てば何でもうれしいよ。追い込まれてるからね」

 ○旭大星 新入幕で勝ち越しに王手。「いやー、しんどいです。強い相手としかあたらないから。連敗しないでよかった」

 ○阿炎 星を五分に戻す。「疲れた。誰とやっても怖い。でも、楽しさが勝る。精神的には疲れているけど」

 ○白鵬 取組前の場内の遠藤コールについて「もう慣れたね。やってやろうって気持ちになる。逆にありがたい」。

 ●北勝富士 立ち合いで竜電と頭をぶつけ合い、仕切り直しの一番で敗れる。「軽い脳振盪(しんとう)。力が入らなかった。悔しい」