[PR]

 自動車レースF1の名門で知られる英マクラーレン日本法人は22日、伝説のF1ドライバーの故アイルトン・セナにちなんだスポーツカー「マクラーレン セナ」を日本で初披露した。

 「セナ」は3月に開かれたジュネーブモーターショーで、初公開されたモデル。排気量4・0リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高時速は340キロ。世界で限定500台が生産された。価格は67万5千ポンド(約1億125万円)からだが、すでに完売している。

 マクラーレンは、新型モデルにセナ選手の名前をつけた理由について「高性能のエンジンなど速い走りの実現に、マクラーレンの最も偉大なレーサーの才能にふさわしい、比類なきパフォーマンスを作り出す情熱が込められている」としている。

 ブラジル出身のセナ選手は1984年にF1デビュー。94年のサンマリノ・グランプリで34歳の若さで事故死するまで161回出走し、マクラーレン・ホンダで3回年間チャンピオンに輝いた。日本では「音速の貴公子」と呼ばれ、F1ブームの火付け役となった。(高橋克典)