[PR]

 トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は22日、米ホワイトハウスで首脳会談を行った。トランプ氏は冒頭、米朝首脳会談について記者団に、「(予定されている)6月12日に開かないかもしれない」と述べ、延期も辞さない考えを示した。米国が求める非核化に態度を硬化させている北朝鮮を強く牽制(けんせい)した格好だ。

 トランプ氏は非核化について、「必ず行わなければいけない。この議題に私は極めて強い意見を持っている」と強調。「(北朝鮮との間で)条件が整わなければ、首脳会談を開催しない」と語った。北朝鮮は最近、会談の「再考」に言及するなど揺さぶりをかけている。トランプ氏には、自身が会談に前のめりという見方を払拭(ふっしょく)し、交渉を有利に進めようとする狙いがありそうだ。一方、ポンペオ米国務長官は22日の会見で、「我々は6月12日の開催に向けて準備している」と述べた。米ワシントン・ポスト紙によると、ホワイトハウスのチームが今週末にシンガポールを訪れ、北朝鮮当局者と会談の議題や運営方法について協議するという。

 トランプ氏はこの日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の非核化に向けた意思については、「彼は間違いなくとても真剣だろう」と評価。正恩氏が米国の要求を受け入れれば、「我々は彼の安全を保証する。彼は満足するだろうし、国は豊かになるだろう」と述べ、北朝鮮の体制保証や経済支援に改めて触れた。

 北朝鮮に接近する中国には強い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら