[PR]

 「男らしさ、女らしさって何だろう」「セクハラはなぜ起きるのか」「対等な恋愛とは」――。こうしたテーマを週1時間、1年かけて学ぶ高校がある。「ジェンダー」(社会的・文化的な性差)という概念に出会い、自分自身や身の回りにある思い込みに気づく生徒たち。今年度も1年生を対象に始まった授業を訪ねた。

 「ある夫婦から、こんな相談が寄せられました。どうアドバイスする? グループで話し合ってみて」。今月10日、東京都港区の私立正則高校。1年生の「総合」の授業で、日沼慎吉校長が生徒らに呼びかけた。

 「相談」は次のような内容だ。「私は保育士。パートナーはトラック運転手の仕事が忙しく、一緒にしていこうと決めたはずの家事育児はほぼ私がしている。別れようか悩んでいる」

 「もっと夫婦で話し合いを」「他の人の手も借りたら?」。生徒たちが、話し合った「アドバイス」を発表し、共働き家庭で夫婦がどう協力しあえばいいかをひとしきり考えた後、日沼校長は切り出した。

 「ちなみに、この夫婦、夫が保育士で、妻がトラック運転手だよ」

 一瞬、きょとんとする生徒たち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら