[PR]

 観光地として有名な山口県下関市の角島大橋の近くで22日、ジェラート店がプレオープンした。東日本大震災の復興事業で立ち退きを余儀なくされた宮城県松島町のジェラート店の経営者が、移住先の下関市で再起の夢をかなえた。

 午前11時、下関市豊北町神田。白壁に映える「角島ジェラート ポポロ」の木製ドアを開けると、にぎわう店内に甘い香りが漂う。ショーケースの前では、店主の秋枝美香さん(53)が腕によりをかけて作ったジェラートを来店客に手渡していた。

 2011年3月の東日本大震災の2カ月後、美香さんは被災した松島町のジェラート店を修理して営業を続けていた。だが、震災復興事業で店の近くにある橋の架け替えが決まり、立ち退きを余儀なくされた。移転も考えたが条件に合う土地は見つからず、16年11月に閉店した。

 昨年2月、美香さんは夫博之さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら