[PR]

 大ぶりで底が厚く、ごつごつとしたデザインの運動靴が「アグリー(醜い)シューズ」と呼ばれ、世界中で人気になっている。流行を逃すまいと、国内メーカーも相次ぎ商品を投入している。

 かかとやつま先部分がとくに厚い靴底。ズボンのすそと比べて不釣り合いに大きくみえる。昨年、欧米ブランドが火を付け、スポーツシューズの流行になった。米リーボックの広報担当者は、「海外の有名人がはいた。服と合わせずにあえて足もとだけ『外す』コーディネートだ」と言う。

 アシックス(神戸市)が今年1月に売り出したランニングシューズは、靴底にクッション材を入れて厚みを出した。発売直後、日本のセレクトショップでも行列が出来た。広報担当者は「ファッションへの意識が高い層を取り込めた商品で、今後の販売も期待できる」と話す。秋には第2弾を打ち出す予定だ。

 ミズノ(大阪市)が3月に発売したスニーカーは、1990年代のデザインを復刻したもの。波形の靴底が特徴だ。

 デサント(大阪市)は3月、スニーカー「BUMPY」を「アンブロ」ブランドから韓国で発売。ヒット商品となり、韓国で4月のアンブロ全体の売り上げの半分を占めたほどだ。日本などからも「買いたい」という声がかかるというが、当面は韓国市場に集中するという。石本雅敏社長は「作ったら売れるので供給がまだ間に合っていない」と話す。(金本有加)