[PR]

 熊本市は、熊本地震の被災者向けにつくる「災害公営住宅」計160戸について、公募で選んだ民間企業に建設を任せ、完成後に建物を買い取る制度を導入した。9~23日に参加を募り、複数の民間企業が参加の意向を示した。

 導入したのは、計画や設計段階から民間企業がアイデアを競う「熊本市公募型買取市営住宅制度」。経費の削減や工期の短縮を目指すほか、入居者が孤立しないよう、交流スペースについても工夫を求める。

 企業は6月中旬までに具体的な建設計画を提出。7月上旬、市の運営委員会が経費、工期、アイデアなどを点数化し、委託する業者を決める。

 導入するのは、南熊本(80戸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら