[PR]

 大麻に含まれる幻覚成分を人工的に抽出、精製した濃縮物の摘発が急増している。東京地裁では22日、大麻濃縮物の一つで、電子たばこのように気化させて吸う「大麻リキッド」を所持したとして、男に有罪判決が出た。幻覚作用が極めて強い大麻濃縮物の蔓延(まんえん)に、専門家らは警鐘を鳴らしている。

 大麻取締法違反罪で懲役3年執行猶予5年の判決を受けたのは、ラッパーでタレント活動をしていた男(44)。判決などによると、1月15日、東京都目黒区内の自宅マンションで、真空パックされた乾燥大麻計約545グラムや大麻の幻覚成分を濃縮した「リキッド」約14グラムなどを所持した。リキッドは、電子たばこに取り付けるカートリッジタイプで、幻覚成分は約60%という高濃度だった。自宅からは、複数の電子パイプも見つかっていた。

 関東信越厚生局麻薬取締部は2016年5月、大麻の幻覚成分を抽出した濃縮物のひとつである「大麻ワックス」を全国で初めて摘発。以降、大麻濃縮物の摘発が相次ぎ、同部が鑑定した検体数は16年22件、17年28件だったが、今年は4月末時点ですでに80件に急増している。

 同部は、14年ごろから危険ドラッグ対策が本格化した反動で薬物乱用者の大麻への回帰が進んだとみられることや、米国の一部の州で大麻が合法化されるなどしたことからインターネット上を中心に「大麻は安全」との誤った情報が出回っていることなどが背景にあるとみている。

 海外の娯楽用大麻が合法とされ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら