[PR]

 7月に一部再開する「Jヴィレッジ」の近くに新設されるJR常磐線新駅の起工式が22日、楢葉町であった。Jヴィレッジが全面再開を予定する来年4月の供用開始を目指しており、グラウンドやホテルなど施設の利用促進に加え、交流人口拡大による周辺地域の復興加速が期待されている。

 新駅は木戸(楢葉町)―広野間の楢葉、広野両町の境に建設される。駅名は未定だが、地元側は「Jヴィレッジ駅」を要望し、JR東日本が採用を検討中だ。

 スポーツ大会や音楽など、催しが開かれる時に限り列車が止まり、乗り降りできる「臨時駅」になる。

 事業費は15億円。「木戸駅か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら