[PR]

 1985年に廃線となった旧国鉄倉吉線の山守トンネル周辺(鳥取県倉吉市関金町泰久寺)が26日、1日限りの「廃線竹林レストラン」と「トンネル劇場」になる。倉吉線が開業した6月1日に合わせ、廃線跡の新たな活用法を考えようと、市の地域おこし協力隊員、上所(かみじょ)俊樹さん(41)が企画した。

 上所さんは山梨県の出身で、建築を学ぶため留学したのを機にイタリアで12年間生活。石畳の街中に食卓を並べて旬の食を楽しむ催しにふれ、好きな料理を生かして日本でも催したいと考えていた。2015年、移住先を探して訪れた関金で、木漏れ日が落ちる竹林を抜けて廃線のレールが続く風景に「ここで食事をしたい」と思ったという。

 市の地域おこし協力隊員として関金エリアの活性化に取り組み、あたためてきた思いを実現させたのが「廃線竹林レストラン」。牛肉や関金産ワサビなど鳥取の食材を使ったイタリアンを料理の経験もある上所さんが振る舞う。正午~午後2時のランチで、1人3500円。12人限定、要予約。雨天中止。

 「トンネル劇場」では、山守ト…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら