[PR]

 東京スカイツリー(東京都墨田区)の地上345メートルの天望デッキに22日、郵便ポストが設置され、国内の建物内では一番高い位置のポストになった。

 2012年の開業から同日で6周年を迎えた新サービスの一環。ポストは真っ赤でレトロなデザインのスカイツリー型で、高さは約2メートル。ポストカードなどに押すための記念スタンプ台もポストの隣に設置し、オリジナル切手シートや、木製(ヒノキ)のポストカードの限定販売もある。

 来場者はこれまでに3千万人を超えており、運営する東武タワースカイツリー社の酒見重範社長は「海外からのお客さまからは、記念に自分宛てに郵便を送りたいとの希望もあった。今後もサービスを充実させて、2020年東京五輪・パラリンピックを世界にスカイツリーをアピールする最大のチャンスととらえている」と話した。

 天望デッキでは、スマートフォンで昼と夜の眺望パノラマ画像が見られる専用アプリの配信も始めた。(有吉由香)