写真・図版

[PR]

 小中高校などの健康診断に「運動器検診」が本格導入されて、3年目を迎えた。骨や筋肉といった器官が機能しているかをチェックするのが目的だ。子どもたちの不調を早期に見つける手法として認識されつつある。

 北九州市小倉南区の市立湯川小学校(児童数525人)で今月11日、6年生を対象にした健康診断があった。

 「もうちょっと足を広げ、しゃがんでみようか」

 診察する学校医が男児に声をか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら