[PR]

 すかいらーくの子会社「すかいらーくレストランツ」は22日、熊本市のファミリーレストラン「ガスト南熊本店」が販売した弁当に、小さなカエルの死骸が混入していたと発表した。

 同店が今月20日、客に宅配した「チーズINハンバーグ&海老(えび)フライ弁当」のサラダに、数センチのカエルの死骸が混ざっていたという。同日、客から指摘を受けて弁当を回収した。サラダは北九州市の工場で製造した。

 同社は「ご迷惑と心配をおかけした」とする謝罪文を発表し、混入経路を調査して再発防止に努めるという。同社によると同じような事案はほかには確認されていないという。