[PR]

 最愛のアモーレとバンビーノを連れて、サッカー日本代表の長友佑都(31)=ガラタサライ=が22日、代表合宿に合流するためトルコから帰国した。降り立った成田空港の到着ロビーには、2月に誕生した長男を胸に抱きながら、妻で俳優の平愛梨さんと手をつないで登場。待ち構えたファンのサインなどに快く応じた。

 今年1月、出場機会を求めてイタリア1部のインテル・ミラノから期限付き移籍。平さんの出産を間近に控えていた。「苦渋の決断。それだけに、絶対にチームを優勝させるという強い信念を持ってきた」。ガラタサライで主力に定着し、チームは見事にリーグ優勝。長友のプロ人生で初となるリーグ優勝となり、「言葉で言い表せない感情が芽生えた。最高のシーズンだった」と振り返った。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場すれば、自身にとって3大会連続での出場となる。ピッチ内外での充実ぶりに「こんな最高のかたちで臨めるのは初めてだと思う」。それでも「2014年もクラブではいいシーズンをおくれたのに、W杯では何も出来なかった。足をすくわれないよう、謙虚な気持ちでいきたい」と気を引き締めていた。日本代表の合宿には25日から合流する予定。