[PR]

 アメリカンフットボールの悪質なタックル問題で、関学大選手を負傷させた日大選手が開いた記者会見について、日本代表ヘッドコーチ(HC)の経験がある東大の森清之HCに聞いた。

 日大コーチが発したという「潰せ」という指示はアメフト界では日常的に使われていると明かし、「『ルールを守った上で、激しいプレーをしてこい』という意味に近く、その言葉だけなら日大側が言う『受け取り方の乖離(かいり)』の可能性もあり得る」と語る。

 ただ、各選手に明確な役割が与えられ、1プレーずつ作戦を練るこの競技において、日大選手がコーチから言われた「アライン(守備位置)はどこでもいい」という言葉は、「そんな指示はあり得ない。事実だとすれば、それはもうアメフトではない」と指摘する。

 さらに、選手が会見で明らかにした、「相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」というコーチの発言についても、「考えられない」と言う。

 選手は異常な数々の言葉を浴びせられており、森HCは「これだけ言われた上で『潰せ』と指示されたら、選手が『けがさせろ』の意味で理解したとしても全く不思議ではない。乖離で片付けられるものではない」と語った。(吉永岳央)