[PR]

 国家戦略特区の地区指定を受けている兵庫県養父市で26日、自家用車を使った旅客運送事業「やぶくる」が始まった。タクシー事業者らが運営を担う「白タク」事業で、スタート早々、田植え体験の人たちが利用していた。

 同市ではこれまで、特区指定により主に農業分野で成果を上げてきた。この日始まった「やぶくる」は、特区の規制緩和を利用した全国初の白タク。公共交通機関が少なく、タクシー事業者も敬遠する中山間の過疎地限定の取り組みだ。

 この日、営業エリアとなる旧関宮、大屋両町でそれぞれセレモニーがあった。

 広瀬栄・養父市長は「画期的な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら