社会の繁栄の裏にある腐敗や矛盾を、鋭い批評眼と大胆な想像力で描き出してきた米国の作家フィリップ・ロスさんが22日、うっ血性心不全で死去した。85歳。米メディアが伝えた。

 33年、米国ニュージャージー州生まれ。階級の異なる若者の恋を描いたデビュー作「さようならコロンバス」(59年)で全米図書賞。厳格なユダヤ人家庭で育った主人公の屈折をつづる「ポートノイの不満」(69年)はベストセラーに。70年代以降も、自在な言葉遊びに満ちた長編「素晴らしいアメリカ野球」や風刺色の強い「乳房になった男」など、話題作を次々に発表した。

 「背信の日々」(86年)、「父の遺産」(91年)で全米批評家協会賞、98年にピュリツァー賞。「ヒューマン・ステイン」(00年)などで3度、ペン/フォークナー賞を受けた。01年には第1回フランツ・カフカ賞を受賞した。ほかにも、不倫する作家を主人公にした「いつわり」(90年)、老いた男の性への執着を描いた「ダイング・アニマル」(01年)などが邦訳されてきた。

 12年、フランス誌の取材に対して引退の意思を表明したと報じられた。長年ノーベル文学賞の候補に名前があがり、トマス・ピンチョンさんやドン・デリーロさんらと並ぶ、米国で最も偉大な作家の一人だった。

     ◇

 都甲幸治・早稲田大教授(米国文学)の話 2年前に米歌手ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したとき、なぜフィリップ・ロスじゃないのかと異論が起きたほど、米国で現存する最も偉大な作家だった。トランプ時代のアメリカを予言したような作品もあり、ユダヤ系の移民が社会の周縁でどんな恐怖感を抱き、もがいているのか、深刻なのにコメディータッチを織り交ぜて描いてきた。元祖マイノリティー文学で元祖移民文学。生きながら、米文学の古典になっていた。