【動画】畑の雑草のみを短時間で除去できる農機具「ホウキング(箒ing)」=原篤司撮影
[PR]

 畑の作物と作物の間の雑草を、熊手で引っかけてごく短時間で除去できる農機具「ホウキング(箒〈ほうき〉ing)」が、国内外から注目を集めている。開発したのはアイガモ農法で知られる福岡県桂川町の有機農家・古野(ふるの)隆雄さん(67)。世界中の農民を雑草取りから解放しようと、さらなる普及を目指す。(原篤司)

 「ホウキングをホームページで紹介したい」。古野さんの農場には、米国の出版社やスイスの研究機関から連絡が寄せられる。見学希望やホウキングの詳しい作り方を尋ねる電話も、週に何件もかかってくる。

 メーカーも注目する。歩行型・乗用型草刈り機で国内トップシェアを誇るオーレック(福岡県広川町)は、ホウキングのアイデアを活用した除草機の開発を目指している。同社の担当者は「ぜひ商品化したい」と意気込む。

 国内外から注目されているホウキングとは、どういったものなのか。5月上旬、古野さんの畑で見せてもらった。

 ホウキングは、市販の金属製の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら