[PR]

 北朝鮮は24日、北部・咸鏡北道(ハムギョンブクト)豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道を予告通り爆破した。AP通信などが明らかにした。爆破の様子は、米英中韓ロの取材団に公開された。6月12日に予定される米朝首脳会談を前に、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による非核化の意思をアピールした格好だ。

 ただ、専門家の立ち会いは認めず、完全な廃棄を検証するには不十分な面も残っている。

 核実験場の廃棄は、正恩氏が4月20日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射中止とあわせて宣言。トランプ米大統領は「大きな前進だ」と歓迎した。

 米朝は今月中旬から首脳会談の開催をめぐって互いに牽制(けんせい)を続けており、北朝鮮が予告通り爆破するか注目されていた。実際に廃棄に踏み切ったことで、会談の実現を後押しする可能性もある。(ソウル=武田肇)

こんなニュースも