[PR]

 米プロフットボールリーグ(NFL)は23日、試合前の国歌斉唱時に、選手らに起立を義務づけることを決めた。起立したくなければ、ロッカールームなどにとどまることができる。NFLでは人種差別への抗議の意思を表す意味で、国歌斉唱時にひざをついたり座ったりする選手が続出。トランプ大統領が「くびにすべきだ」と批判していた。

 NFLでは一昨年、フォーティーナイナーズ(49ers)のQBだったコリン・キャパニックが、警官による黒人への過剰な暴力に抗議するため、国歌斉唱時の起立を拒んだ。昨季は、ほかのチームにも同様の行動が広がった。これにトランプ大統領が「偉大なる星条旗の侮辱は許されない。国歌斉唱時は起立すべきだ」とかみついた。

 米国では、星条旗が軍人への敬意と結びつけられることも多い。一部では、抗議する選手らに対して激しい批判が起きていた。

 NFLの今回の決定では、国歌斉唱時には、選手らチーム関係者全員に起立を求めた。違反者が出たチームには罰金が科される。ただ、斉唱時にグラウンドにいなければならないという規則を撤廃し、ロッカールームにとどまることができるようにした。

 グッデル・コミッショナーは「選手の抗議行動が愛国的でないという誤った認識につながったのは不幸だった。今回の決定で、試合に集中できるようになる」との声明を出した。(ニューヨーク=鵜飼啓)

こんなニュースも