[PR]

1985年・決勝

 1983年8月8日に開幕した第65回全国高校野球選手権記念大会。桑田が1回戦で5安打2失点完投、2回戦は3安打完封と素晴らしい投球をしたのに対し、「清原は神経性の下痢になってね」と中村監督。2試合連続無安打とホロ苦い甲子園デビューとなった。

 3回戦2安打、準々決勝3安打と1年生4番が復調すると、今度は桑田が準々決勝で5失点して五回途中に降板。そんな中で絶対的な優勝候補である池田(徳島)と準決勝で対戦することになった。

 「桑田、ここまで来られてよか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら