[PR]

 学徒動員先で被爆した広島市安芸区の加藤久男さん(88)は戦後、中学校の社会科教師になり、戦争を二度と起こさない人材を育てることに尽力してきた。退職後も、病気で体が不自由になる2年前まで、修学旅行生らに被爆証言をしてきた。過去から学ぶことの大切さを訴え続ける。

     ◇

 戦時中、安芸区の自宅から南千田町(現中区)の修道中学校に通学していた。戦況悪化とともに3年生で学徒動員に駆り出され、4年生だった1945年には、江波町(同)の三菱重工広島造船所で鉄板加工の作業をしていた。

 8月6日朝、造船所の敷地内に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら