[PR]

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が悪質なタックルをして関学大の選手を負傷させた問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は24日、日大関係者を同日夕方に同庁へ呼んで事情を聴くことを明らかにした。

 23日に日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)コーチが会見したことを受け、鈴木長官は「あのプレーが起きた時点で監督やコーチの責任がある。スポーツとして、ああいう指導はいかんだろうと、ビシッと伝えたい」と述べた。さらに「潰せ」という言葉の解釈などをめぐりコーチと選手で言い分が食い違っている点については「指導側と選手側がもっとコミュニケーションをとるべきだ。何かを言って、わからない時に質問もできないという状況だったようだが、これからはみんなが同じ方向を向いてプレーするという雰囲気がほしい」とした。

 日大側が24日、関学大側からの抗議文への回答書を送るとしているため、日大には「まずは回答書の内容を聴く」という。そのうえで「大学スポーツは教育の場なので、学生が成長する環境を整備してほしいと要望する」と述べた。(増谷文生)