写真・図版

[PR]

 折からの健康ブームで、さまざまな健康器具が売れています。体組成計もそのひとつ。「メタボ」という言葉が使われ出した1990年代に登場しました。体脂肪や筋肉をはじめ、さまざまな「量」を測れるのが魅力です。

 しくみは簡単。「身体の電気抵抗から、独自の計算式で割り出します」とオムロンヘルスケア(京都府向日市)で学術開発部基幹職を務める佐藤哲也さんは言う。人体には感じない微弱な交流電流を流し、電圧を測る。電圧を電流で割ると身体の電気抵抗がわかる。

 身体の電気抵抗と、同時に測定した体重、それにあらかじめ入力した身長の値を使い、計算式から体重に占める体脂肪の割合を算出する。専門誌などによると、人間の体重に占める割合は骨格筋(34%)、脂肪(24%)、ほかに肝臓や脳などだが、水分を多く含む筋肉や臓器に比べて、脂肪は電気抵抗が大きい。

 体脂肪の割合を、性別や年齢に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら