[PR]

 衆院厚生労働委員会の高鳥修一委員長の解任決議案が24日、衆院本会議で自民党や公明党などの反対多数で否決された。これを受け、与党は25日に委員会を開き、安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法案の採決に踏み切る方針だ。

 決議案は、働き方改革関連法案の審議をめぐり、高鳥氏の委員会運営が強引だとして、立憲民主党や国民民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」が提出した。与党は当初、23日に委員会で採決する構えだったが、野党は審議が尽くされていないとして反発。委員長の解任決議案の提出したことで、23日の採決は見送られていた。

こんなニュースも