【動画】高速道路でのあおり運転をヘリから監視=福岡県警提供
[PR]

 高速道路などで車間距離を詰めたり、無理な追い越しをしたりする「あおり運転」について、福岡県警が、ヘリコプターによる監視を始めた。大きな特徴は、上空から違法行為を認定する点。全国的にも珍しく、検挙につながると期待されている。

 県警によると、飛行するヘリの高感度カメラで、あおり運転をした車両のナンバーや違反をした場所などを特定。この情報が近くにいるパトカーに伝えられ、急行する仕組みだ。高速道路を走る車が対象という。

 県警高速隊には昨年12月~今年4月までに「あおり運転をされた」などの通報が160件あった。しかし、通報やヘリの情報でパトカーが車や運転手を見つけても、証拠がないなどで大半は立件できなかった。

 今回の取り組みは、上空から録画した映像が違法行為の証拠となるため、パトカーがあおり運転を現場で確認しなくても検挙できる。佐賀や愛知、静岡の各県警などもヘリで監視をしているが、上空からの違法行為の認定まではしていないという。

 県警は昨年暮れから、神奈川県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら