[PR]

松沢成文・希望の党代表(発言録)

 麻生(太郎)財務大臣は即刻辞職するべきだ。第一番目に森友問題への対応。文書改ざん、隠蔽(いんぺい)、虚偽答弁をずっと許し続けていた。佐川(宣寿〈のぶひさ〉)元理財局長、福田(淳一)元次官と、自分が任命した幹部が大変な不祥事を起こしたという人事の失敗もあった。

 二つ目はセクハラ問題への対応。問題発言ばかりでした。三つ目は、国政の改革の実績や成果がゼロなんじゃないか。

 プライマリーバランスを改善するという政府目標に対して、全く実現できずに先送りしている。消費税の10%への値上げも政権公約であるにもかかわらず、2度も延期せざるを得なかった。デフレ脱却にも失敗をしている。もっと言えば、予算編成に改革があるのか。政策的にも何の成果も上げていないんじゃないか。

 冷静にみると、すべて失敗していると思う。だから、失敗のオンパレードの失敗大臣だと言わざるを得ない。責任感なし、倫理観なし、実績成果なし。ないないづくしの大臣だったというふうに思う。(国会内での記者会見で)

こんなニュースも